美しい歯を実現させる~歯がINOCHI~

dentists

歯のホワイトニング

dentists

これまでの歴史と変遷

最近は歯の美容のために歯医者さんを利用する人が増えています。最近の歯医者さんでは、ホワイトニングをしたり歯をクリーニングしたりして、口元を綺麗にするための審美歯科治療がおこなわれるようになりました。日本で審美歯科が普及し始めたのは、まだここ数年のことで、世界で初めて登場したのは90年代のアメリカです。口元を綺麗にするのが常識とされるアメリカでホワイトニングなどの審美歯科治療の普及が加速し、その後、日本でも歯の美容を気にかける人が増え、ここ数年になって審美歯科の普及が加速し始めました。まだまだ浅い歴史ですが、実際の治療現場では最新の器具が使用され、体への負担が少ない安心安全な治療が行われています。治療方法は年々進化をとげ、効果が高くて負担の少ない治療が登場しています。

審美歯科の今後の課題

審美歯科には課題もあります。審美歯科で治療を受けたあとは、メンテナンスが必要です。ホワイトニングなど、一度だけの治療で歯を綺麗にしたり見た目を良くすることも可能ですが、日頃のお手入れやメンテナンスを怠っていると、また元の歯の状態に戻ってしまうことが少なくありません。今後はメンテナンスのしやすい審美歯科治療への進化が問われています。患者さんにとって、治療後のお手入れがしやすい治療を提供できるかどうかがポイントです。ホワイトニングをはじめ、審美歯科は自由診療になる場合が多いので、一回の治療でどれだけ効果があるのかが重要です。メンテナンスがしやすく、効果が持続するのであれば、ある程度の治療費を払ってでも、患者にとって利用する価値があるといえます。